IMG_3447

アートアクアリウムでの大規模な金魚鑑賞を終え、お腹を空かせた我が家。

ちょうど12時を回ったところだったので、そのまま会場のあったコレド室町1でランチをすることに。

ボーイズ(リッキー&ダディー)に何が食べたいか聞くと、すかさず2人とも声をあわせて「ピッツァ!」とのことだったので、コレド室町1の中の Che Voglia!(ケ ヴォーリア!)さんへ。

ネットで見てみると人気店らしく、食べログでも高評価。ランチタイムともあり、すでに5組ほど並んでいました。我が家のボーイズは、すでに腹ぺこだったので、あまり待ち時間が長いのであれば別をあたろうと思い、スタッフに尋ねたところ15〜20分待ちとのこと。

すでに頭の中は「ピッツァ!」になっていたので、そのまま待つことに。

待機客のために置かれた椅子の前には、職人さんがピッツァを焼くスペースが。
このお店、実はイタリア・ミラノピッツァ協会公認店だそうで、イタリアピッツァで最も薄いとされる「ミラノ風」のピッツァがイチオシ。

我が家もピッツァ職人さんがピッツァを作る様子に見入って、ついつい動画を撮影(笑)

ピッツァの替え歌を歌い、職人技を見ている内に席に案内されました。

店内は細長い感じ。我が家が案内されたのは、一番端の席。

席に着いたら、すかさず子ども用の椅子とアンパンマンのお皿、子ども用のスプーンとフォークを持ってきてくれました。うん、子連れにも優しい。

待つ間にすでに注文は決めていたので、さっそくオーダー。
休日は Aセット(サラダ、メイン、デザート)とBセット(前菜、メイン、デザート盛合せ)の2種類だったので、AセットとBセット、一つずつ頼んでみました。

メインは、パスタやリゾットも選べたのですが、ここはやっぱりピッツァ!
ナス好きのダディには米茄子がのったピッツァ・メランザーネを。私は大好きなルッコラがトッピングされたピッツァ・ヴェルデをチョイス。

アンチョビとニンニクが入ったスパイシーなロマーナというピッツァも気になったものの、リッキーとシェアすることを考えて断念。

オーダーして間もなく、サラダと前菜が運ばれてきました。
前菜には、スモークサーモン、コーン、少し酸味のあるラタトゥイユなど。

そして、お待ちかねのピッツァ!第一印象は「大きい!」直径40cm以上あるそう…

IMG_3450

どちらのピッツァも美味しかったのですが、やっぱりトマトソースで少ししっとりとした生地に香りの良いルッコラがたっぷりのったヴェルデが一番、好みの味でした!
やっぱり、耳はパリッとして、中はソースでしっとりとした薄いピッツァが好き。

我が家はダディーがベジタリアンなので、基本的にお肉はあまり食べないのですが、子連れにはハムがのった「コット」というピッツァも人気なんだそう。

今度は海の幸リゾットなんかも食べてみたいところ…

デザートには、濃厚なベリー?アサイー?のような紫色のシャーベット、ケーキにミルク味のプリン。どれも甘すぎず、いいお味。

IMG_3451
子連れにもオススメの満腹・満足ランチになりました!

他にもコレド室町1のお隣、コレド室町3の地下1階にあるクロワッサンで有名な「GONTRAN CHERRIER(ゴントラン シェリエ)」が個人的にオススメ。
バターの香り豊かな本格的なクロワッサンが200円以下で買えるのは嬉しい!日本のパン屋さんにはなかなか置いていない全粒粉の食パンや、ハード系のカンパーニュがあるのもグッド。(注:ここのカンパーニュにはそば粉が使われているので、アレルギーの方は要注意!)甘いのが好きな人は、クロワッサン・ダマンドやクロッカンも試してみて欲しい一品です。

今回はピッツァでお腹いっぱいだったので、クロワッサンは買わずに帰ったのですが、やっぱり後から買っておけば良かったかなぁと…。リッキーは、クロワッサン・ラブだし。次回は必ずゲットしよう!

コレド室町3の1階には有名なお出汁の「茅の舎」もあって、食いしん坊にはたまらない場所ですね。