リッキーがテクノロジーに興味を持ち始めたのは生後9ヶ月の頃で、イギリスのおじいちゃんとおばあちゃんにメールを書いていました。

まあ、厳密にはメールを書いていた訳ではないのですが、パソコンや iPhone が面白いおもちゃとして認識し始めたのは、その頃でした。
彼に特に教えた訳でもなかったのですが、iPhoneを手にして耳に当て、電話しているそぶりを初めて見た時には驚きました(僕たちが普段していることを真似したようです)。


マミーとダディがしているようにSiri(シリ)に話す?リッキー

リッキーを魅了したのはスクリーンだけではありませんでした。掃除機もかけるように。

ダディの大きいカメラも。

リッキーがこれらのデバイスをこんなに小さい頃から学ぶなんて思ってもいませんでしたが、僕らも常に使っているし、彼も自然に覚え、生活の一部となっていきました。

リッキーは、いつも僕たちが撮った写真を見るのが好きでした。そこで、ある晩、昔使っていた古いデジタルカメラを見つけたので、リッキーに使い方を教えました。操作は簡単。シャッターを押せば写真が撮れて、もう一つのボタンを押せば撮った写真を見ることができます。

最初はすごく喜んでいたリッキーでしたが、写真にいつも指が入ってしまっていました。それにシャッターも少し固く、コンパクトカメラでもリッキーにはまだ少し大きすぎたようでした。というわけで、デジタルカメラは速攻却下!


そして、数日後に動物園に行った時、リッキーは僕にモノレールの写真を撮ってほしいと言ってきました。彼はすごく喜んで、見た動物すべてを写真に納めたがりました。そこで、リッキーに iPhoneのアンロックの仕方、カメラのアプリの開き方、写真の撮り方を教えました。リッキーは、操作法をすぐに覚えただけではなくて、撮った写真を見返したり、iPhoneのスライドショー機能を使って撮った写真をプレイバックする方法を自分で発見したりして、楽しんでいました。

家に戻ってから、すでにリタイアしていた iPhone5S を取り出し、丈夫なケースに入れ、リッキーのカメラとして渡すことにしました。これで、いつでも好きな時に好きな場所で写真を撮ることができます。

これが、今回のビデオに至るまでの裏話。ビデオの中のリッキーは、すべて彼が自然におこなっていたもので、そのままのリッキーです!

ビデオを撮影した数ヶ月前から、リッキーはお絵かきにかなりハマっていました。以前、お友だちから誕生日にもらった水で消せるクレヨンを取り出して、紙にぐるぐると丸の絵をよく描いていました。
ある日、レストランでリッキーの気を紛らわせておく必要があった時、簡単なお絵かきアプリ(Paper by 53)を自分の iPhoneにインストールしていたことを思い出しました。そこで、アプリを試してみました。

アプリは、すぐにリッキーのお気に入りに!(そして、指で絵が描けるのになぜ描いた後も指にインクが付いてなくてキレイなのか不思議そうにしていました)絵は、彼が紙に描いていたものと同じスタイル(ぐるぐる)でしたが、今では色を変えて描いてみたり、いろいろと試してみるようになりました。

Paper 53 の他にも Bear Paintなど、シンプルなぬりえアプリも加わりました。

その次に使い方を覚えたアプリは、YouTube。YouTubeに関して言えば、僕たち両親が意図していたことではなかったのですが、iPadをテレビに接続してリビングで、ひたすら電車(もしくは恐竜のバーニー)のビデオを見せるのに使っていたのですが、僕たちが iPadの YouTubeアプリを使っているのを見て、リッキーもすぐに iPad の「最近見たビデオ」や「関連ビデオ」の再生の仕方を習得していました。そこで、リッキー専用の iPadを作り(もともと iPad miniがあったので)、YouTubeに子ども用のフィルターをかけ、リッキー用のアカウントをセットアップしました。

これらのアプリ以外には、まだあまり使用していませんが、「教育用」のアプリも今年はインストールして見たいと思っています。ゲームに関しては、まだリッキーはその存在を知らないので、できるだけ長くゲームからは遠ざけておけるようにしたいと思っています。

YouTubeで言えば、Peppa PigBen & Holly のビデオは、リッキーの言語に大きな影響を与えてくれましたが、僕たち大人が毎日スクリーンとにらめっこしているのと同じような時間は、リッキーには費やしてほしくないと思っています。

リッキーとジャックの生活にどのようにテクノロジーが活用されているかに関しては、これからもまたお伝えしたいと思います。環境は大きな影響を与えるので、これからリッキーが保育園の友人からもどんどん影響を得ると思うので、これからどうなっていくのか楽しみです!