我が家では現在、バガブー カメレオン3のベビーカーを愛用しています。
リッキーが4ヶ月の頃から3歳まで、そして今はジャックに引き継いで同じものを使っています。

2014年春にはカタログで、息子とツーショットでデビューを飾りました。僕と息子のリッキーのストーリーが「Daddy’s Diary」(パパの日記)として、伊勢丹三越の新しいベビーグッズカタログに掲載され他のです。

日記の他にも、日本ではまだ見かけることは少ないけど、イギリスやアメリカで有名なBugaboo(バガブー)というブランドのカメレオン・モデルのベビーカーのモニターをしました。

さとこと僕はどのベビーカーを買うか長い間、話し合ってきました。国内メーカーのベビーカーのほとんどは僕には小さ過ぎて、安定性がなく、好きな物が見つからず…というのも、押して歩くと、いつもベビーカーに足をぶつけてしまっていました。

バガブーのカメレオンは他の物とは違っていました。質もすごく良く、車輪が大きくて安定していて、段差でもへっちゃら。東京に雪が積もった日にも問題なく使えました(ハンドルの位置を変えれば、大きい車輪が前にきます)。ハンドルの長さも調整できるので、僕のように背が高い人でもかがんだり、足をぶつけることなく進めます。風車との相性も抜群!

モニターが終わる頃にはぜひ買いたいと思っていましたが、親切にもメーカーの方が試用品をそのままキープしても大丈夫と言ってくださいました。バガブーのスタッフのみなさま、本当に親切にしていただき、ありがとうございました!

リッキーもどこに行くにもスムーズな乗り心地で気に入っているようです。

近況:バガブー カメレオン3 を使って2年半後

バガブー カメレオン3は、耐久性においても素晴らしいです。今でも日常的に使っています。

リッキーは、もう赤ちゃんではないですし、体重も15kgになり、いつもそこらじゅうを元気にジャンプして回っています。バガブーを使ってたくさん移動したにも関わらず、気になるダメージは一切なく、まだまだ現役で使用できます。セカンドバギーとして、もう少しコンパクトな他社のベビーカーも持っていたのですが、そちらは2度ほど車輪の留め金部分を交換する必要がありました。

昨年の秋に2人目のジャックが生まれてからは、ほとんど新生児用のキャリーコットに付け替えて使用しています。新生児タイプからシティータイプ(ベースシート)への切り替えも簡単。またキャリーコット部分は外して、家の中で日中、短時間ジャックを寝かせて置くためのコットとしても使用できます。外出先で寝て、家に帰ってもまだよく寝ているときは、そっとキャリーコット部分だけ外してリビングに連れてくることも可能です。

キャリーコットとホイールボード

リッキーもバガブーから完全に卒業したわけではなく、バガブーのホイールボードをつけて、ジャックをベビーカーに乗せながら、ボードに立ったリッキーも一緒に押しています。

ここ数年の経験から言ってに、もしまた最初から初めてのベビーカーを選ぶ立場になった場合、確実にバガブーを選ぶでしょう。